Cygwin で Subversion のログメッセージを日本語で入力する

|

  • ~/.subversion/config の一番下に、下記を追記。
[miscellany]
log-encoding = UTF-8
  • 適当なファイル(たとえば comment.txt)に、UTF-8 でログメッセージを記入する。
  • 下記のようにコミットする。
% svn commit -F comment.txt

Windows XP 上で Linux

| ,

cygwin の Apache がどうもダメで、リクエストのたびに apacehctl restart をしないと、ページが表示できなくなってしまった。

なので、代替案として、VirtualPC を起動して、そこに Linux をいれ、その Apache を確認用サーバにすることにした。

まず、VirtualPC でどこまでできるかがわからないので、お試し版をインストールしてみた。

やっとの思いで Fedora core 4 をインストールしたが(すごく時間がかかった)、ネットワーク越しに相手が見えない。

どうやら、VirtualPC で設定をする必要があるが、いろいろ調べてみると、「Microsoft Loopback Adapter」なるものをインストールする必要があった

  • とりあえずこのページ通りに設定をする。
  • 「ローカルエリア接続2」みたいなネットワーク接続ができるので、その状態、IP アドレスを見る。
    • おそらく、「IP アドレス: 169.254.25.129」みたいになっている。
    • ネットにつながっていない場合は「限定または接続なし」になっているが、ゲスト OS とホストでお話できればよいので、かまわない。
  • VirtualPC 側の「設定」で「ネットワーク」を選択し、右側のアダプタ1で、「Microsoft Loopback Adapter」を選択。
  • Fedora のネットワーク設定を、下記のようにする。
    • アドレス:169.254.25.130(上記 IP アドレスとはかぶらないアドレス)
    • サブネットマスク:255.255.0.0
    • デフォルトゲートウェイ:169.254.25.254(末尾の 254 は適当)
  • Fedora で、/sbin/ifconfig して、eth0 の IP アドレスが、上記で指定したものになっていることを確認。
  • ping 169.254.25.129 して、応答があれば、ホスト側とつながったことになる。

これで、Apache、PHP、MySQL、samba とかが動けば、完璧なのだが...

Cygwin でエラー続発

|

何をやってもメモリ不足のようで、エラーが発生していたが、unable to remap xxx.dll で、解決。

  • 「ファイル名を指定して実行」で ash を実行。
  • /bin/rebaseall -v

cygwin で Windows のファイルを開く

|

Fenrir's BLog: Cygwinでもopen!!

うーん、これは便利だ。メモっておこう。

cygwin で mod_rewrite をインストール

|

ウェブマスターはてな apache 1.3.33 で、mod_rewrite をコンパイルしわすれました。あとからコンパイルだけして、mod_rewrite だけバイナリつくることは可能でしょうか? ・・

$ cd apache_1.3.33/
$ ./configure --enable-module=rewrite --enable-shared=rewrite
$ cd src/modules/standard/
$ make mod_rewrite.dll
$ cp mod_rewrite.dll /usr/local/apache/libexec/

とし、httpd.conf に、

LoadModule rewrite_module     libexec/mod_rewrite.dll

と書き、所定の場所に dll を置いたが、うまく動いていないようだ...

Rails で、rewrite を使わない方法は無いものか...